Windows XPとOffice 2003のサポートが終了します。

2014年4月9日(日本時間)、Windows XP Service Pack3(SP3)、Windows XP 64ビット版 SP2、Microsoft Office2003 Service Pack3 (SP3)、Internet Explorer 6 のサポートが終了します。
新しい環境への移行をお早めご検討ください。

サポート終了にともなうお客様への影響

サポート終了後は、安全かつ安定的にお使いいただくための重要なサポートが受けられません。
製品維持に必要なサポートが受けられない場合、セキュリティ上または業務上の様々なリスクを抱えることになります。

脆弱性をついたウイルス感染の危険性
Microsoftからのセキュリティ更新プログラムの提供が終了するためウイルス感染などにより、 安全なIT環境の維持が難しくなります。
問題発生時にサポートが受けられない
電話やメールによるサポート、関連情報の提供が終了するため、 PC故障時の原因究明や速やかな対応が難しくなります。
関連製品のサポート終了
ウイルス定義ファイルや周辺機器のドライバ提供などが終了するなど、 メーカーによるサポートが受けられなくなる可能性があります。
最新ソフトウェアの利用が出来ない
新しいソフトウェアは、最新のOSに合わせて開発がされております。 サポートの終了したOSにはインストールができない場合があります。
移行には時間がかかります。ぜひ、お早目にご相談を。
無料診断受付中!
今お使いのソフトウェアが最新のWindowsで動くか?
使えなくなる周辺機器はないかなど無料で診断いたします。この機会にぜひご相談ください。

最新のPC環境への早期移行をオススメします

処理速度UPで、作業効率大幅UP
Windows7/8の処理速度の高速化により実作業の効率化が見込めます。

最新の機器の省電力化でコストDOWN
最新のPCは旧PCに比べ消費電力を削減できます。節電及び電気料金の削減にもつながります。

※法改正・税制の変更により導入コストが増加する可能性があります。早期移行をご検討ください。

お問い合わせ 営業部 TEL:03-3847-6481(代) 
ご相談・お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • 情報セキュリティ基本方針
  • お問い合わせ
Copyright (C) 2017 People Corporation All right reserved.