サイト制作:株式会社ぴーぷる   ホームページの制作やITのご相談は株式会社ぴーぷるまで

シリーズⅠ 柳田国男を尋ねる⑰  「豆手帖から」の旅で見た死者供養の絵額の世界

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

遠野でなかなか見ることができなかった喜清院の「供養絵額」を今回こそ見ることができると思っていた

のですが、本堂改装中ということであきらめていたところ、善明寺にも20枚ほど飾られているとのことで

実現しました。

それも、「供養絵額」研究の第一人者、遠野文化研究センターの前川さおりさんの説明つきで・・・

若くして亡くなった者たちの家族や友人たちが、供養のために描いて寺に奉納した絵で、生前好きだった

食べ物や動物、趣味や仕事が鮮やかな色彩で描かれています。
なかには、子供に恵まれなかった女性が、死後の世界では子供に囲まれて暮らしている絵や、先に亡く

なった家族たちと一家団欒、食卓を囲んでいる絵などがあり、残された人たちの思いが伝わってきます。

柳田は、大正9年の「豆手帖から」の旅で、鵜住居の浄楽寺に立ち寄り、この寺にも飾られていたであ

ろう絵額を見て、次のように述べています。

「鵜住居の浄楽寺は陰鬱なる口碑に富んだ寺ださうなが、自分は偶然其本堂の前に立つて、しほらしい

此土地の風習を見た。(略)他の大部分は江戸絵風の彩色画であつた。不思議なことには近頃のもの迄、男

は髭があり女房や娘は夜着のやうな衣物を着て居る。独で茶を飲んで居る処もあり、三人五人と一家団欒

の態を描いた画も多い。後者は海嘯で死んだ人たちだと謂つたが、さうで無くとも一度に溜めて置いて額

にする例もあるといふ。立派にさへ描いてやれば、よく似て居ると謂つて悦ぶものださうである。斯うし

て寺に持つて来て、不幸なる人々は其記憶を、新たにもすれば又美しくもした。誠に人間らしい悲しみや

うである。」

この時、まだ「供養絵額」との言葉が無く、柳田も肖像画と同じ「額」としか認識していませんでした。

これに「供養絵額」と名づけて、遠野周辺の寺々に飾られていた絵額を集めて展示したのが、前川さんたち

の仕事でした。2001年8月、遠野市立博物館の第43回特別展がそれです。

「供養絵額」という言葉も、前川さんの造語ということも初めてしりました。

『遠野物語』の「魂の行方」の話を語る時には、必ずといってよいくらいに、いつもこの図録から供養

絵額を紹介させてもらってきたので、今後さらに評価が広まることを期待しています。

興味ある方は、博物館に問い合わせ、図録を購入してみてください。

まだ残部あるようです。

 

 

 

 

 

 

 

コメント