サイト制作:株式会社ぴーぷる   ホームページの制作やITのご相談は株式会社ぴーぷるまで

「柳田国男と川崎」の講演終わりました。

Exif_JPEG_PICTURE

講座のまとめの場面

かわさき市民アカデミーの連続講座で、柳田と川崎の因縁をお話してきました。

「水曜手帖」の遠足、丸山教三世教主伊藤葦天とのこと、「榎戸懐古」の柳田の主張、柳田社会科の実験場は成城学園だけでなく、川崎にもあったことなどをお話しました。

『先祖の話』から「魂の行方」、「世々の父母」での柳田の主張が、具体的に生田春秋苑の墓所にあることも

「柳田と川崎」を語る上では欠くことができません。

次回は、登戸から榎戸を歩き、柳田のお墓にもお参りしてこようかと思っています。

終了後、質問に来たY君へ。

短い時間でしたが、貴方のセンスは素晴らしいものがあると感じました。

「後藤総一郎はすごい人、常民大学の本も読んでいます。」から始まって

「柳田を継承していたのは亡くなった鶴見俊輔、現代の最高の物書きは芹沢俊介。」

(おなじシュンスケさんでしたね)

の言葉にはびっくりしました。

若いのになかなかの洞察力です。

芹沢さんとは、全面教育学研究会でお呼びして以来、『柳田国男全集』の月報に

書いていただいたりした仲でしたのでうれしかったです。

できたら、講義を聴いてから質問に来て下さいね。

いつかじっくりとお話しましょう。

これを見ていたら、コメントしてみてください。

公開しないで返信させてもらいますから・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント