サイト制作:株式会社ぴーぷる   ホームページの制作やITのご相談は株式会社ぴーぷるまで

『口語訳 遠野物語』(河出書房新社)が再版されました。

1992年に刊行した『口語訳 遠野物語』が再版されました。

この本は、21年前、故後藤総一郎先生監修、遠野常民大学の佐藤誠輔先生の口語訳、遠野在住の版画家 笹村栄一さんの挿絵に私が「注」をつけて出版され、なんと12刷までいった本なのです。

今回の再版にあたって、佐藤先生も永年気になっていたところを修正・加筆し、私も、この20年間の『遠野物語』研究の成果をちりばめた「注」になるよう大幅に加筆させてもらいました。

遠野常民大学がまとめた『注釈 遠野物語』(筑摩書房刊)の成果も数多く取り入れさせてもらいました。

ありがとうございました。

ただの「注」ではなく、読んでいる人の「疑問喚起」のための「注」でありたいと思って書いたことは、前回と変わりません。

その思いがどこまで反映できているかは、読者のみなさんの判断にお任せですが、少しでも心にさざ波を起こしていただければ、と願っています。

うれしいことに、早速、私の友人の尾崎光弘が、プログで丁寧な感想を発信してくれました。

リンク先の「尾崎光弘のコラム 本ときどき小さな旅」を訪問してみてください。

みなさんからの感想もお待ちしています。

 

コメント