SE職 インタビュー

入社の理由

大学卒業後、IT業界に就職して3年ほど従事していました。その後他業種に転職をしましたが、「やはりSEの仕事が面白い」と感じ、再度転職を思い立ちました。
面接時の「現場への常駐よりも受託での開発案件が主に担当」の言葉に、多彩な業種・分野のシステムに関与できる期待感があり、ぴーぷるに入社を決めました。また面接を受けた中で社内が一番きれいで、清潔感のあるオフィスだったことも印象的でした。

入社からこれまで

前職の経験があった事もあり、入社早々から販売、発注、仕入在庫管理などを組み込む基幹システムの開発プロジェクトに参加しました。そのプロジェクトは途中問題も発生しましたが、1年半の期間を経て無事リリースしました。
現在では、VB、Oracle、SQL Serverを使いながら、お客様から定期的に受注する案件を主たる立場でプロジェクトマネージメントや企画設計を担当しています。

SEの仕事

SEはお客様の日々の業務をよく理解し、その上で「○○な機能にしたら使いやすいだろうな」「□□の処理にしないと、後にデータ上矛盾が出てしまうのでは」などお客様の希望オーダーを受けつつ、そこに付加価値を付けて機能を「創造」していく仕事です。設計から完成までの間は、打合せを何度も重ねたり、夜遅くまで開発したりと大変なことも多い仕事ですが、お客様に納品後使用された際に、「良いね!」と言われたときは、やりがいを感じ、一番うれしく感じる瞬間です。

みなさんへひとこと

SEの仕事というのは専門的分野に思われがちですが実は違います。お客様が従事している仕事、業界をそれぞれ深く理解しないといけません。そのため日々の情報の集積、業務ノウハウが求められます。
それだけに常に変化と刺激があり、世の中のいろいろな事を垣間見えるお仕事です。きっと、やりがいをもって携われるはずです。

  • プライバシーポリシー
  • 情報セキュリティ基本方針
  • お問い合わせ
Copyright (C) 2017 People Corporation All right reserved.