営業部 石川 厳

入社の理由

前職で新規のシステム導入にたちあいました。システムの平行稼動期間に様々なシステムエラーが発生したり、要件が満たされていなかったりと不満足なシステムでした。「担当SE、開発会社の要件定義や仕様確認が悪いのでは・・・」と思っていました(そのころは要件定義なんて言葉も知りませんでしたが(笑))。

あまりにもひどいので自分がもしSEだったら、もっと業務を理解して進められるのに・・・・と勝手に思いが一人歩きし、「プログラムを勉強しよう!」と決心しました。
書店に行き、知人の進めでC言語の本を購入→ちんぷんかんぷん→まずは学校に行こう→知人より「プログラムは実践だよ実践」→「もう、転職しかない!」と思い立った私は転職活動を始めました。

転職活動をしていて思ったことは「現実は甘くない」でした。当時30歳になろうかとしていた私にはIT業界は「狭き門」でした。何社か面接を受けている最中、「ぴーぷる」の社員募集が目に入りました。電話をして面接日に伺うと、「どーもー取締役の山崎(現:代表取締役)です!」と、ニコニコして茶髪のリーゼントというかパンチというか、業界人は派手だなという印象です(現在はだいぶノーマルです)。

  • 「お客様の気持ちを第一に考えて仕事をする」
  • 「営業も技術も一丸となってお客様に愛を注ぐ」
  • 他.etc

熱く語っていただき、そしてものすごく共感し、「この会社に入社したい!」と強く思いました。

入社からこれまで

採用の連絡をいただき「よーしやるぞ!」と意気込みましたが、現実はやはりそう甘くはありませんでした。1年目は未経験なので解らないことばかりでした。

そんな時「営業+開発ができるプロジェクトがあるのでやってみないか?」と急に任命され、上司と営業で外を回り、プログラムの学習、機器をセットアップなど、色々な事を経験させていただきました。当時は適正テストが無く、業界未経験だった私に「何が向いているか?」を判断したかったようです。現在は営業として機器選定・ネットワーク提案、システム開発、さらには企業移転のマネジメント業務などオフィスにかかわる事はすべて営業として対応しています。

「営業」は転職時の希望職種である「開発SE」ではありませんが、そもそもの転職理由が「お客様が満足するシステムを提供する」であり、その大切な部分に関わるということでは営業も非常に重要な立場であることを痛感しており、とても充足した日々を過ごしています。

営業の仕事

お客様は50~300台位規模の企業が多く、ネットワーク、システム開発、ハードウエア(サーバ、セキュリティ機器)などITに関する事はほぼ対応してます。やはり自分が担当しているお客様には「自分から最適なシステムを提案し、導入してもらいたい」、「最初~最後まで関わりたい」と思ってしまいます。

そのせいか「引越し」などのITとあまり関係のないサービスも[コンピュータを運ぶ][移動前にバックアップを取る][LAN工事・電話工事を行う]が発生するため「ぴーぷるで全て段取りします。ご安心ください!」とお客様の前でスラっと口からでてきてしまいます。

提案・受注・進行(段取・手配)・導入・納品まで関われるのが営業の醍醐味です。もちろんぴーぷるが対応する事(自分が対応する事)によってお客様に満足していただく事が最終目的になります。

みなさんへひとこと

ぴーぷるは「愛」を社員に伝え、社員は「愛」をお客様に与える会社です。
もし「愛を伝える事」「愛を与える事」に共感いただけるならば是非ぴーぷるのドアをノックしてみてください。

  • プライバシーポリシー
  • 情報セキュリティ基本方針
  • お問い合わせ
Copyright (C) 2017 People Corporation All right reserved.