サイト制作:株式会社ぴーぷる   ホームページの制作やITのご相談は株式会社ぴーぷるまで

5月27日 武蔵野公会堂 第36回全国地名研究者武蔵野大会へ!

5月 24th, 2017 by oda

大会の準備がほぼ終わり、皆様のお出でをお待ちするだけとなりました。

現在のところ、全国から日本地名研究所会員の方々約90人。

一般参加150人の申し込みを受けました。

会場定員は350人ですので、まだまだ空きがあります。

おかげさまで、天気もよさそうです。

当日受付もありますので、ぜひいらしてください。

お待ちしています。

二日目の地名探訪は三つのコースとも、35人から45人になりましたので

申し込みは締め切らせていただきました。

1日目のラインナップは・・・

5月27日  武蔵野市公会堂 (吉祥寺駅公園口下車)

9時半会場

10時    開会挨拶      小田富英    大会実行委員長

来賓挨拶  武蔵野市副市長  五十嵐修

川崎市副市長   伊藤 弘

10時20分 基調講演  関和彦 日本地名研究所所長

11時   研究報告  菊地恒雄 川崎地名研究会会長 日本地名研究所事務局

1時   記念講演  新谷尚紀 國學院大学教授

2時   研究報告  長沢利明 法政大学講師 研究所会員

3時   研究報告  田代 博 日本地図センター常務理事 会員

3時40分 研究報告  馬場治子 元府中郷土の森博物館学芸員 会員

5時   閉会挨拶  吉山 治 次回 出雲大会のご案内

どこから来ても、わかりやすくて面白い内容です。

1人でも多くの人が地名に関心をもち、願わくは日本地名研究所の会員になられんことを・・・・

これが今大会の最大のテーマです。

 

 

 

 

第36回全国地名研究者武蔵野大会にご参加ください。

4月 23rd, 2017 by oda
20170420143145803_0001

『朝日新聞』4月19日附け朝刊 多摩、東京版

しばらく更新できませんでしたが、これは、5月の大会準備と、その前に刊行しなければならない

『地名と風土』第11号の準備で怠っていました。

どちらもやっと先が見えてきましたので少しずつ発信していきます。

まずは、大会紹介を朝日新聞が取り上げてくれましたので参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

 

「第36回 全国地名研究者武蔵野大会への誘い」を読んでください。

2月 21st, 2017 by oda

日本地名研究所通信 小田原稿

「日本地名研究所通信 87号」に上記のような文を書き、大会参加を呼びかけました。

大会申し込みパンフレットも出来上がりました。

研究所にメールかファックスで連絡いただければ、申し込みパンフ、往復葉書、振込用紙の3点セット

を送付いたします。

 

 

 

 

全国地名研究者武蔵野大会プレ地名探訪に参加を。

2月 19th, 2017 by oda

ツアー申込書20170326

五月の大会前に、話題となるコースを歩きます。

詳しくは上記をクリックしてください。

申し込みは、日本地名研究所ホームページからどうぞ。

5月の第36回全国地名研究者武蔵野大会に向けて始動しました。

1月 21st, 2017 by oda
img013

川崎市地名資料室主催「地名塾 地名入門講座Ⅱ」の案内

詳しくは、パンフレットが出来た時点(今月末)でお知らせしますが、

地名への関心拡大のために、私も微力ながら・・・

私にできることは、柳田国男との繋がりぐらいですが、まずはそこ

からです。

1月23日は、朝日カルチャーセンター立川教室

2月7日は、川崎、世田谷共催の地名入門講座

で「柳田国男」あるいは「柳田学」にとって「地名」とは何かをお

話してきます。

さらに、昨年の「柳田ゆかりの神奈川の地名」に続いて「柳田ゆか

りの武蔵野の地名」を2月末に、そして「地名探訪」を3月に予定し

ています。

「地名探訪」の募集はこれからですので、これもチラシが出来た時点でお知らせします。

5月27日の会場、武蔵野公会堂は、遠野物語ゼミナールで二年続けてお世話になった会場です。

あの時と同じくらい、あるいはそれ以上に会場を満席にしたいと思っています。

ご期待ください。